症状

2012年11月14日

伝染性単核球症になると、次のような症状が現れるそうです。

「爆笑問題」の田中裕二が、伝染性単核球症になり発症したそうですが、こんな症状がでたらかなりしんどいんでしょうね。

(伝染性単核球症の症状)
38℃以上の高熱が1〜2週間続き、化膿性扁桃炎、咽頭痛、イチゴ舌など現れる。

また、頸部リンパ節や肝臓、脾臓がはれ、眼瞼浮腫(がんけんふしゅ)(上まぶたのはれ)が現れる。

のどの痛み、肝機能障害などにより食欲が低下したり、重症例では発熱が1カ月以上続く。

 



ブログランキング

くる天 人気ブログランキング


SEO
おすすめ


  • ライブドアブログ

スキンケア